事故による慰謝料

交通事故による慰謝料は加害者側から被害者側に対して支払うものといった認識が強くなっていますが、状況によって交通事故には双方に過失が決まるケースがあり、10対ゼロというのは非常に少ないので、双方に過失がある場合にはそれぞれの過失割合に応じての慰謝料の支払いをお互いにしなければなりません。
またここでの慰謝料に関しては基本的に加入している任意保険などから支払われるのですが、万が一任意保険に加入していなかった場合には自賠責保険から支払うことになります。


ただし自賠責保険の場合には慰謝料の全てを賄えるだけの補償が行われるかどうかは微妙なラインなので、自賠責での支払いで十分な慰謝料の支払いができない場合には自腹を切っても支払をしなければなりません。
交通事故での慰謝料はけがを負わせてしまった場合の通院や入院に関しての部分と、先方の車両が傷ついてしまった場合にはその部分に対しての修理費用や弁償代、さらに後遺障害が残ってしまった場合には後遺障害に対しても慰謝料が計算されることになります。


上記したすべての内容合算したものが最終的に慰謝料として決定しますので、ここでの慰謝料が決定してお互いに合意して初めて示談が成立します。
ところが、どちらか一方が慰謝料に納得がいかないといった場合には、いつまでも示談が成立せずトラブルになってしまう可能性もあります。
万が一のことを考えると、任意保険に加入しておくのは非常に大切なことであり、自動車だけでなくバイクなどでもバイクも保険に加入しておけば、万が一の際に慰謝料の支払といった部分でとても安心できます。


≪外部リンク≫
慰謝料請求の相談を専門の弁護士に無料で行えるサイトです => 慰謝料請求の相談